読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロクジュッパーブログは人生を60%の力で生き抜くための脱力ブログです

ユトピが写真のポートフォリオサイトを作りました。

WEB

f:id:yutopi60pa:20170328183651j:plain

 

どうもちょっとお久しぶりです。ポエマーブロガーと化しているユトピ(@yutopi60pa)です。

 

記事を書かない間何をしていたかというと、自分の写真をたくさん見てもらいたくて、ポートフォリオサイトを作っていました。あと風邪です。

 

季節の変わり目はいつも風邪を引きます。子供みたいだね。

 

ということで、今回作ったサイトはこちら。

 

フォトグラファー ポートフォリオサイト | YUTO(P) – フォトグラファーYUTOのポートフォリオサイト

 

サイト名は『YUTO(P)』。読み方はユトピ。

このブログでの名前と同じですね。

 

Pにはユトピのピ以外に、"photo"や"picture"のPともかけています。(無理やり)

いろいろPに意味を込めたので、()を付けました。あとはロゴとしての全体のバランスです。

 

 

写真のカテゴリーとして「night」、「daytime」、「indoor」にわけて自分がとってきた写真を公開しています。

 

基本的には夜の写真の方が多いです。

街灯やビルの明かりが好きなので、それらを中心に撮影しています。逆に人はあまり撮ってはいません。

こういうところに人間嫌いが出ますね。

 

ちなみにこうやって写真を撮り始めてまだ2か月ですw

写真は素人ですが、サイトは作れるので、とりあえず場所だけでも作りたかった次第です。

 

 

デザインとしてはシンプルにしたかったので、テキストは最小限、8.5割ぐらい写真が占めています。

故にSEOとしては死んでいます。月ごとに写真を一覧投稿していますので、投稿数も限られています。1年でも最高12(月)×3(カテゴリ)=36です。

 

まぁこの辺は致し方ない。フォトグラファーのポートフォリオサイトはGoogleの検索エンジンに頼ることはできないので。AIがまだまだ賢くないですからね。

 

なのでこうやってブログ等で宣伝して地道に頑張っていきます。

 

あ、ついでにインスタグラムもやっていますのでサイトと一緒にこっちも見てくれたらうれしいな。

 

www.instagram.com

 

 

それではどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

フォトグラファー ポートフォリオサイト | YUTO(P) – フォトグラファーYUTOのポートフォリオサイト

経団連は人を殺そうとしてる。

どうして経団連なんて組織が存在するのでしょうか?

 

 

www.asahi.com

 

 

人を殺して利益を得ることしか能がない能無し集団の存在意義が本当にわからなくなってきた。

やっぱり抜け道があったよ。

 

 

政府も『働き方改革』で過労死ゼロなんて言っておいて、過労死させる気満々ですからね。

本当にイカれてる。

 

マスコミも森友学園とかで誰も望んでいないアベ叩きを垂れ流している暇があるならこっちを報道しろよ。

 

国民の命がかかってるのに。

 

経団連の昭和脳も、組合の昭和脳も、政府の昭和脳も腐っています。

時間をかけることでしか利益を上げられないと思考停止している。

 

効率化なんて言葉は無いですよ。人を殺して利益を上げるしか考えられない。

こいつらは一体だれのために無駄に集まって、無駄な時間を使って、無駄な取り組みをしているのでしょうかね。

 

 

まぁ、僕がなんといってもこの国は変わりはしないよ。電通の過労死事件で人の命が無くなっても変わらなかったんだもん。

 

今働いている人、これから働く人もどんな仕打ちを受けようと動くこともない。こっちも思考停止しているからね。

どうして人の下で働く以外の選択肢は無いと思い込んでいるのか不思議でならない。

 

自分が死ぬときにしか気づくことはないでしょうね。

 

 

もうさ、日本死んでくれほんと。

人の命はコンビニの商品よりも軽い。残業100時間とはそういうこと。

意見

f:id:yutopi60pa:20170315130154p:plain

 

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

 

今回はどうも感情的にならざるを得ない気がします。

 

経団連やそこに所属する企業は人が死んでも構わない馬鹿者みたいです。

 

 

www.huffingtonpost.jp

 

今までは確かに上限もなく、青天井状態だった残業時間に規制が加えられたことは、新たな一歩だとは思います。

 

ですが、何事も中途半端で曖昧なのが一番よくない。

抜け道や言い訳を作らせる余地を与えることになるので。

 

 

『月100時間』とか『月100時間未満』とかそんな言葉遊びなんてどうでもいい。

 

 

とにかく残業は悪。それに正当な報酬を払わないのはもっと悪。経営者は犯罪者です。

 

 

 

繁盛期の利益より人の命は軽い。

 

経団連は残業時間の制限を繁盛期に関しては100時間まで認めさせてほしいという要求をしてきた。

 

こんなの僕が言わなくても知っているとは思いますが、過労死ラインは80時間です。

それが2~3か月ほど続くと人は死にます。

 

 

辛うじて生きていても、精神は壊れます。もう元には戻りません。

 

 

それを繁盛期には100時間なんて、殺人ですよ。

過労死ラインが80時間と知ってるうえでやってるんですから、故意です。明らかに殺人。

 

 

 

ビジネスは対策をとれば、また利益を上げることができますが、人が死んだらもう戻ってきません。

そんな子供でも理解できることが、理解できないのが経団連です。

 

 

人が死ぬことのリスクを理解できていないらしい。こいつらは馬鹿者です。

 

 

彼らにとって人の命は繁盛期の商品や利益よりも軽いのです。

命はコンビニの商品以下の価値しかないと言っているようなもの。

 

 

まぁコンビニは例えですが、少なくともこういった解釈もできますよ。

こんな企業で働くと死にます。この繁盛期の間に人は死にます。

 

 

命の犠牲の上で成り立つビジネスなんて社会の役に立つはずがない。今すぐ潰れてくれ。

 

 

 

残業前提のビジネスは成り立っていない。

 

そもそも残業が前提にあるような会社のビジネスはまともに成り立っていないですよ。

明らかにリソース不足なのに、無理やり従業員の労働力と時間を強盗して成り立たせているんです。

 

 

いくら残業代が出るとはいえ、それを同調圧力や明らかに残業せざるを得ないような仕事量を与える時点で、搾取しているのと変わらないからね。

 

 

繁盛期に利益を取れるだけ取ることは間違ってはいない。

でも繁盛期は残業時間を100時間にする正当な理由にはならない。

 

何度も言うように、その繁盛期で人は死ぬんだよ。

 

 

人の命はいくらで買えますか?1000万円か?100億円か?

 

そんな紙切れで買うことは無理。

 

繁盛期の利益のためにお金ではどうにもならないとんでもないリスクを背負うことを理解しろ。

 

人の労働力を搾取するのは一番やってはいけないやり方だからね。

 

 

 

 

時間を投入すれば利益が増えるという幻想

 

残業時間でしかビジネスを成り立たせることができない無能経営者さん、まだ時間を投入しないと利益が増えないと思ってるの?

 

 

目先(繁盛期)の利益は取れても、そんな消耗戦いつまで続くの?

あと何人殺せばあなたの企業は楽になるの?

 

 

 

なるわけないだろ。

 

 

ビジネスはどれだけ少ない時間、リソースで、利益を最大化するかだろ?

どうして効率化しようとしないの?

 

残業時間を増やして利益を出すことほど愚かなことはない。

 

無駄を徹底的に減らして効率化するべき。

 

大企業ほど無駄が多いよ。人が増えれば増えるだけ無駄が増える。

裏を返せば効率化できる余地が多大に存在しているということ。

 

ここにメスを入れずに、残業時間で補うのは応急処置レベルだよ。消耗していくだけじゃんか。

それかビジネス自体の方向性が間違っている。その24時間営業必要ですか?そんなんいスピードが大事ですか?

 

それが出来ないのならもう会社をたたんでくださいよ。これ以上労働者から何を搾取するの?

 

 

 

人の命は脆いんだよ。

 

 

 

 

 

まとめ

 

ものすごく感情的に記事を書いたから、まとめとかはないですが、残業は悪ですからね。効率の悪い人間がやることだから。

 

ダラダラ仕事することになんの意味は無いし、それで命を落とすなんて馬鹿らしすぎる。

 

月に1時間でも1分でも許すべきではない。

 

 

残業時間は0だ。100時間なんてあってはいけないんだよ。

 

 

追記 2017/3/16

 

タイトル少し変更。

 

残業時間月100時間ってどういう生活なのか想像してみた。

 

9時から18時(休憩1時間)が定時の企業勤めの場合、23時まで働くことになり、1時間で家路についたころには日付が変わって午前0時。

そこからお風呂、家事、食事、娯楽などをしているとあっという間に午前3時近く。

7時には起床するように4時間睡眠。

 

起床後は朝食や準備などを1時間ほどで済ませ、8時に出発。1時間電車に揺られて9時から仕事開始。

そして23時まで残業。

 

これを毎日。1か月。

 

こんなサイクルで人間的な生活が遅れるとは思えない。

知ってる?健康的な睡眠時間は平均7時間。それ以下だと確実に体は壊れます。

 

もちろん男女の差や実家暮らし、一人暮らし、家族持ちなどで状況は大いに変わる。

ヘタしたらこれよりひどいことになりますよ。

 

育児なんかをしている女性は疲弊してしまいます。

 

経団連やあなたの会社は仕事で体や精神を壊し、家族まで壊れたら責任は取ってくれますか?

一生支援してくれますか?

 

なぜここまでして働かないといけないのか?

 

残業前提の仕事は無意味でしかありません。1時間でも1分でも無駄は無駄。

人の犠牲の上で成り立つビジネスはビジネスとは言えない。

そんなものこの社会にはいらないんだよ。

 

残業代が出せばいい?

金払うから死んでくれっていうのですか?

 

なにが働き方改革だ。

政府に期待した僕がバカだった。

 

なにがプレミアムフライデーだ。

誰かが犠牲になる余暇なんて欲しくないんだよ。

 

 

いい加減にしろ経団連。

 

 

電通でまつりさんが自殺しても、上っ面だけの取り組みしかせず、この国は何も変わらない。

本当にこの国は死ぬべきかもしれない。

 

 

 

日本は本気で死んでくれ。頼むから。

『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』感想。若干のマンネリがありつつも前3作の中では見ごたえのある作品

ネタ オタブログ 映画レビュー

f:id:yutopi60pa:20170313160050j:plain

 

 

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。今日は久々の映画感想。

 

今回鑑賞してきたのは『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』

公開日から若干乗り遅れた感はありますが、やっと観に行けました。

 

前作の『告白』から半年ほど相手の公開。この辺は相も変わらずな期間。

 

そして今作の感想ですが、一言いうと『前3作の中では1番に面白く、燃えた。』

 

 

 

 

 ちなみにネタバレ注意です!!

 

 

 

「喪失」というタイトルは空にピッタリ過ぎた。

 

 

正直最初はこの映画にさほど期待を持っていませんでした。

前3作からの勢いが衰え気味で、特に2章という早い段階からテンポの悪さが目立っていました。

 

僕みたいに戦闘シーンなんかを楽しみにしている人にとっては苦痛でしかない。

もちろん子供たちやデジモンたちの成長物語という点では存分に描く時間は必要だと思います。

 

そのために1章ごとに2人の子供とデジモンがフューチャーされるわけですから。

 

 

でもそれも4章も続くと飽きてきちゃうわけですよ。

そういった理由から4章に関しての期待度はあまり高くなく、予告編も2回ほどしか再生しませんでした。

 

 

4章は確かにほぼラストまでは主に空とピヨモンを中心に二人の微妙な関係を描いていました。

 

確かにここら辺は長い!

またか!って気持ちが強かった。

 

ですが今回空だけが自分のパートナーデジモンであるピヨモンと距離を縮めることができず、逆にひどく冷たくあしらわれてしまうことが多々あるので、結構心を痛めるような感情移入が多かったです。

 

 

空はアニメのころから周りの仲間やデジモンのことを心配し、自分は後回しなタイプの性格。

ですが唯一自分のことを気にかけてくれていたピヨモンに冷たくされ、心の支えを失ってしまった空は心底胸が痛い。

 

 

そういった意味で今回のサブタイトル『喪失』は空にこそピッタシだったのかもしれないですね。

他の子どもたちも支えというものはあるものの、空だけはどことなくそれが弱弱しかった。

 

ネガティブな意味でいうと周りに依存しているともとれますけど、それを『愛情』までに昇華させているのは空の強みでもあります。

 

中でも自分に無償の愛を注いでくれていたピヨモンからの冷たい接し方はつらかったでしょう。

 

 

 

パートナー制の問題点への対策

 

そんな微妙な距離感のままストーリーは進み、デジモンカイザーの正体であり、新たな敵として登場したゲンナイと、ムゲンドラモンとの戦闘が始まります。

 

 

ゲンナイとはいうものの、アニメとは程遠いゲスで真っ黒な性格ゲンナイが登場します。

その戦いの中で、デジモンたちを進化させられない自分たちに葛藤する子供たち。

その辺りはこのデジモンのパートナー制の問題点の一つでもありましたね。

 

 

それを解決したのは『デジモンテイマーズ』。こちらは子供たちがデジモンカードとデバイスを使うことによって、パートナーデジモンに力を与えたり、支援をしたりとそれなりに子供たちも戦闘に参加し、しっかりと意味を持たせていました。

 

 

しかし無印デジモンや02ではそういった問題はこれといった答えを示さずに来ていた印象でした。

 

今回のtri.シリーズでも同じようなことが言えましたね。

1章で感染デジモンに街を破壊された際は、パートナーデジモンが駆け付けるまでは子供たいは非常に無力でした。

2章においても歪みでの戦闘に子供たちは介入することができず、ただ眺めることしかできませんでしたね。

 

確かにデジモンたちを強く進化させるためには子供たちが鍵となっているのは確かです。

彼らがそばにいないと進化できないのも確か。

 

それでも実際の戦闘においては彼らは基本見ていることが多かった。

 

 

 

ですが今作の4章ではデジモンたちの記憶に加えて、進化する能力も失っていたわけです。

だからと言って敵がデビモンクラスになるのかといったらそういうわけでもない。

 

敵は究極体のムゲンドラモン

成長期段階のデジモンたちでは逃げるのが精いっぱいのなか、子供たちは人間なりに知恵を絞り、それぞれの特技を生かしながら、デジモンのサポートをしていました。

 

 

今回のデジモンと子供たちはさながらアニメの1話から立場が逆転したような印象でした。

アニメの最初の方はまだ小学生の子供たちをデジモンたちが身を挺して守ってきました。

 

しかし今作では何もかも忘れてしまったデジモンたちを子供たちが身を挺して守っていました。

正直成長期デジモンにすら負けそうなのですが、そんな彼らが見た目も加えてより成長できたと実感することができました。

 

 

 

 

進化祭りな戦闘シーン

 

やはり戦闘シーンは熱い。

溜めに溜めてやっと進化。あのBGMが流れるときはやっぱり鳥肌が止まりません。それは昔から変わらないです。

 

 

今作はピヨモンからそのまま一気に3つ進化バンクを流してポスターにも登場しているホウオウモンへと進化しています。

 

ホウオウモン自体は真新しいデジモンではないですが、アニメとしては初進化です。

 

ガルダモンで人型に近づいてからのまた鳥に戻る感じは、ワーガルルモンの2足歩行からメタルガルルモンの4足歩行に戻る流れに似ていて個人的にツボw

 

 

そして今回は前作で究極体に進化しなかったパタモンもセラフィモンへと進化しています。

こちらは初登場と思いきや、02の劇場版で何の前触れもなくちょろっと登場してますので、実質2回目の進化。

 

セラフィモンに関してはフロンティでの活躍のせいもあって、強い印象は薄かったのですが、今回は強い。でも結構物理技ばかりでしたね。もっと聖なるビーム的なのとかかますのかと思いましたよ。

 

 

また今作はサービスなのかウォーグレイモン、メタルガルルモン、ヘラクルカブテリモンも出てくるという熱い展開もあり。

ヘラクルカブテリモンは3章のメインからの連続登場ですね。

 

他にもゴマモンやパルモンも究極体がありますが、ここら辺はおとなしくしていました。

おそらく尺の問題もあるかと。

 

 

正直な話、初登場のデジモンでない限りは進化バンクを削ってもいいかと思います。

ウォーグレイモン、メタルガルルモンあたりは削っていました(triになってからワープ進化バンクは一度もないですが)。

しかしヘラクルカブテリモンは略しても良かったのではないかと。律儀に成熟期から進化バンクをやらなくても演出で短くすることはできそうですよ。

 

そうすればそれぞれのデジモンにもある程度の見せ場を設けることも可能なんじゃないかと思いますね。

 

 

 

流れが変わってきた4章。

 

4章はtriシリーズの後半の最初ということで、色々と流れが変わってきた印象があります。

前3章までの謎の核心を明かしつつ、新たな謎を残していくのが今作の役割の一つだったと思います。

 

その証拠に今作の本編前には姫川と西島が幼いころパートナーデジモンおり、デジタルワールドでダークマスターズと一戦を交え、その戦闘の中で姫川のパートナーデジモンであるバクモンを失っています。

 

 

姫川はその悲しみを忘れることが出来ず、デジタルワールドにリブートをかけもう一度バクモンに会うという思惑があったことが明かされます。

 

姫川は子供たちと同様にパクモンに出会うことはできたのですが、記憶を失ってしまったパクモンに対して人が変わったかのように威圧をかける姫川はちょっとしたホラーですよ。

 

 

過去に姫川と西島たちになにがあったのかは断片的にしかわかりません。

分かっているのは以下です。

 

 

・当時2人を含めた合計5人の子供たちとデジモンがダークマスターズと戦闘をし、ひん死の状態になる。

・とどめの一撃の直前、姫川にホメオスタシス?が憑依し、意味深な言葉を残す。

・その直後パクモン以外のデジモンたちが光に包まれ、四聖獣へと進化する。

・四聖獣はパクモンを犠牲?にダークマスターズを追い払う。

 

 

ということぐらいでしょうか。(飽くまで僕が確認できた範囲)

 

太一たちよりも年上の姫川たちの幼少期ですので、太一たちよりも前にデジモンをパートナーにしていた子供たちがいたわけですね。

ちょっとした衝撃の事実ですよこれは。

 

 

今後姫川は物語の中心になっていくでしょうね。

 

 

 

またゲンナイについて。

2章から暗躍していたデジモンカイザーの正体がゲンナイであったことが明かされました。

彼はイグドラシルと姫川と協力関係にあるらしく、メイクーモンを利用してデジタルワールドにリブートをかけたそうです。

 

今作のゲンナイですが、とにかくゲスい。

今までの優しいゲンナイではなく、ムゲンドラモンとメタルシードラモンを操り、子供たちとデジモンを容赦なく追い詰めます。

 

ホントに衝撃的なゲンナイです。他にも空の前で正体を明かしたときは、なぜか空の頬を舐めたり、メイクーモンの激情させるために芽心の首を締めあげるなど、まさに極悪非道です。

 

劇中ではゲンナイでもありゲンナイでもない的なことを発言したいたので、もしかしたら偽物の可能性もあります。

 

どちらにしても姫川とゲンナイの関係、ゲンナイの正体に関しては依然として謎のままです。

 

 

またこちらは以前からちらちらっと登場していたハックモン

今作ではようやく言葉を発します。

 

 

西島に対して『自分は敵でも味方でもない。ホメオスタシスの使い』的なことを言っていました。

ぶっちゃけ謎すぎてこれ以上なにも言葉がでませんw

 

唯一気になる点としては、3章のラストで、ハックモンの究極体であるジエスモンとアルファモンが戦闘を繰り広げるシーンがありましたよね。

 

ハックモンがホメオスタシス側のデジモンとするならば、アルファモンはイグドラシル、つまりリブートをかけようとしていた側ということになります。

 

こうすることで、1章でメイクーモンを追っていた意味も分かる気がします。

またそれを先に知った02メンバーはアルファモンに挑んで敗北してしまったのではないでしょうか。

 

いずれにしても憶測なのでなんとも言えないですね。5章を待つしかないです。

 

 

 

まとめ ヒカリは5章で闇落ちするのか?

 

triシリーズ第5章のタイトルは『共生』です。

文字通り共に生きるという意味。

 

 

デジモン世界でいうとデジモンと人間が共生するという意味じゃないでしょうか。

 

毎回意味深なポスターに関しては、子供たちからは芽心と背を向けたヒカリ。デジモンはおそらく進化したメイクーモンと、テイルモンの究極体。

今回はデジモン2体が対立した構図ではなく、背中合わせな構図となっていました。

 

 

テイルモンの究極体に関しては、当初ホーリードラモンかオファニモンかと思いましたが、どうやら違うみたい。

 

 

こちらはオファニモンの闇落ちした姿のフォールダウンモードです。要するにヒカリになにかあるということですね。しかも悪い意味で。

 

5章も流れが変わってきそうですねこれは。

ちなみに公開日は2017年中とのこと。今までは日付まで告知されていましたが、5章に関しては大雑把な告知に終わっています。

 

製作が間に合っていないのかななんて愚案しちゃいそうですが、どちらにせよ早いに越したことはないかな。

 

あとは早く02メンバーを復活させてください!!!お願いします!!

 

 

 

 

ということで『デジモンアドベンチャーtri. 第4章「喪失」』の感想でした。 

 

 

 

 

電話に出ない就活生が正解。電話を使う企業なんかと仕事したら大事な時間を強盗されるよ。

意見

f:id:yutopi60pa:20170310180247p:plain

 

 

どもユトピ(@yutopi60pa)です。

 

もう春。温かい空気を感じると憂いていた時期を思い出します。

 

 

 

先日話題になっていたこの記事。

 

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

要するにメールでは礼儀正しく、しっかりとした対応を行えるのに、電話対応がまともにできない・苦手な就活生は評価が下がるといった内容。

 

そりゃ仕事をしていると否応なしに電話をとるかかけるかしないといけない場面が多々ありますよ。

 

でもそれが普通にできる人もいればできない人もいる。

僕もその一人です。

 

電話なんて今すぐなくなってくれ。

 

 

 

 

電話対応のせいで新卒退職

 

僕は電話は苦手です。

まず相手の顔が見えないことに違和感があるし、何よりこちらの都合をガン無視して時間をぶんどっていくのが耐えられない。

 

 

さながら時間の強盗ですよ。

 

 

これが大した事ない内容だったら思いっきり受話器おいてしまうぐらいに苛立ちます。

 

 

実は新卒入社した会社の業務の中で一番嫌だったのが電話対応。

 

取次とかならまだしも、お客さんからのクレームだったらたまったもんじゃないですよ。

僕はクレーム対応の係ではないので、基本的には担当者に渡すんですが、その隙が無いくらいにまくし立てて怒っている人が多いんです。

 

 

もうそれが耐えられなかった。

一日中自分のペースを保てず、そわそわしながら仕事なんてできやしないよ。

 

僕にはそれがどうしても耐えられず、そのまま精神を病み、退職しました。

 

 

『電話対応でその会社のことを学ぶ』なんていうことを言った上司がいましたが、僕は電話が自分にとってどれだけ邪悪なものかを学びましたよ。

 

 

 

 

 

電話は前時代の遺物になりつつある

 

 

スマートフォンの普及でLINEなどのメッセージアプリが普及している中、いまだに電話でのコミュニケーションに主軸を置いた働き方をしている大人はたくさんいます。

 

ちょっとした確認でも電話、挨拶程度でも電話、メールで済む内容を電話・・・etc

 

と、大したことない内容でもやたらと電話をかけてくる人が多いこと多いこと。

働いているとたまにこういった電話をかけてくる人もいます。

 

 

 

『○○の件、メールしましたのでご確認お願い致します!以上です!』

 

 

 

アホか!

 

 

何のためのメールや。本気で無駄。けたたましい音を鳴らして人の時間を奪ってその内容かよと思わず電話の相手に言いたくなる。

 

 

電話は無駄なんですよ。緊急性が伴わないような内容で使うコミュニケーション手段ではありません。

 

 

 

 

その点、今の就活生を含めた若者たちは合理的。時代を先取りしています。

メッセージでのやり取りの方が早いし、ストレスにもならない。好きな時間に確認できて、好きな時間に返信ができます。

 

かなり無駄を省けていますよ。電話が嫌いになるのもうなずけます。

 

 

若者がこういう傾向になっているということは、数年して彼らが社会の中心となった時

電話でのコミュニケーションは廃れます。どれだけ無駄ということかを理解しているんですから。

 

電話は確実に遺物になりつつあります。

 

 

 

 

電話対応をチェックする企業はなんて無能

 

上での記事にもありましたが、東証マザーズに上場しているアプリ開発会社では電話対応を採用時にチェックしているそうだ。

 

 

どういった方法でチェックしているかはわかりませんが、そんなくだらないことで優秀な人材を逃したらと思うとアホらしくて仕方ありません。

 

 

電話対応なんてできる人間がやればいいし、アプリ開発会社ならエンジニアやデザイナーなどに電話を取らせるべきではないです。

 

こういったモノづくりの職種は集中力が命ですよ。それを無駄な電話でぶった切るのは損失が大きすぎる。

再び同じ集中力を取り戻すのは難しいでしょうね。

 

緊急性のない内容ならチャットで十分。電話対応なんてできる費用はない。

 

 

 

 

 

電話をかけてくる人とは仕事をしたくない

 

この宣言しているひとは結構よく見ますが、僕もそれに大賛成です。

 

www.ikedahayato.com

 

www.ryukke.com

 

 

 

電話は人の時間を奪う行為。

 

それを理解せずにガンガン電話かけてくるような人とは仕事はできません。不効率極まりないし、邪魔でしょうがない。

 

 

基本はチャットやメール。そっちの方が効率も良いし、何より証拠も残る。

電話なんて録音していない限り、言った言わないの押し問答になったら面倒ですよ。

 

そうならないためにも重要な内容ほどメールなどで伝えるべきなんです。電話なんて危なっかしくて使ってられないよ。

 

 

 

まとめ

 

ここまで電話を中心でディスってきましたが、いまだにFAXなんていうものを使っている企業も多いです。

特に役所関係はFAX使っているところばかりですw

 

FAXはアメリカのスミソニアン博物館に展示されてるような、電話以上に遺物と化した通信手段ですよ。

 

たぶんメールもまともに使えないおじさんおばさんばかりなんでしょうね。

ホントに紙がもったいない。先ほども言った通り証拠を残す観点からも文書は電子化するべき。

 

 

 

もちろん言葉と文字では伝わる内容も印象も異なることはありますが、そんなの恋人同士のイチャイチャでやってくれよって感じです。

 

早く電話文化無くなってくれ。

就活生は臆することなく電話は無視してもらいたいねw

電話で大事な用事を伝えてくる企業が悪いですから。

LINEにログインができなかったので、復活するまでの流れをまとめてみた。

生活

f:id:yutopi60pa:20170310134511p:plain

 

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

 

 

先日僕のiPhoneの画面がバッキバキになって指をケガしてしまいました。さすがに危険なので修理に出したんですよ。

配送修理ということで、4日ほど代替機を使用しておりました。

 

iPhoneは修理に出す場合、セキュリティ上端末の中身を削除しなければなりません。

恐る恐る削除。

 

その後代替機ではiCloudに保存されていた情報をもとに復元が出来たのですが、修理が済んだ我がiPhoneが戻ってからが問題でした。

 

 

 

 

LINEにログインできない

 

iPhoneのデータの大半はiCloudに保存されていた情報をもとに復元できたんですが、どうやらLINEだけが様子がおかしい。

 

 

 

 

LINEにログインできない!!

 

 

 

LINEが突然使えなくなるとか現代のホラー。あの人とどうやって連絡とればいいんだよっていうのが頭の中ぐるぐる回ってた。

 

facebook、ツイッターなどはメールアドレス(またはID)とパスワードを入力するだけでログインはできるんですが、LINEには最近『2段階認証』なるものがありました。

 

 

 

ちなみにログインの流れは以下。

 

「LINEを起動」「ログインボタンを押す」「メールアドレスとパスワードを入力」「電話番号の入力」「2段階認証のためにSMSで4桁の数字を受信し、入力」「無事ログイン」

 

 

 

そしてこの2段階認証が曲者。

2段階認証は上にも書いた通り、登録された電話番号宛にSMSで”4桁の数字”を送り、その数字を入力すれば認証完了というもの。

 

 

 

 

 

その4桁の数字が送られてこないの!!

 

 

 

 

 

これじゃ一生先に進むことができません。今まで築き上げてきたLINEアカウントが消滅します。

 

割りとシャレにならないので、何度か2段階認証を試すも送られてこず・・・。

しまいには『連続して2段階認証コードが要求されたため、一時的に制限されています』というアラートと共にログイン制限を食らってしまいました。

 

 

この辺でかなりの絶望感が押し寄せてくる。

 

 

どれくらいで解除されるのかとググってみると以下の記事を見つけました。

 

LINEが「連続して2段階認証コードが要求されたため、一時的に制限されています」エラーでログインできない問題の対策 | LINEの仕組み

 

LINEの機能制限は、1時間程度で回復する場合から、1日以上かかるものがあります。今回のエラーがどれくらいで回復するものなのか、はまだはっきりしていませんが、「もう直ったかな?」と何度も確認すること自体が、制限につながってしまう可能性があるので、注意が必要です。 

 

 

おいおい、1日も待ってられっかよ。次の日の予定の連絡取れないじゃないかよ。

 

 

ということで、1時間程度で回復するパターンを信じて何度か電話番号入力のところを繰り返していたんですが、とうとう「不正な電話番号です」とアラートが表示されてしまいました。

 

 

「不正な電話番号」については以下の記事に詳しい内容がありました。

 

LINEの利用登録画面で「不正な電話番号です」エラーが出る原因と対策 | LINEの仕組み

 

今回紹介したような利用規約違反が原因でこのエラーが表示された場合、LINE運営に問い合わせするのが一番です。 ただし、問い合わせたとしても、この不正な電話番号判定を解除してもらえないケースが多いので、気をつけてください。

 

 

 

詰んだ。

 

 

 

 

とりあえず問い合わせ

 

 

といってもやはり簡単にはあきらめられないので、LINE株式会社へ問い合わせ。

 

 

contact.line.me

 

 

 

ここで該当する環境と症状を入力して問い合わせ完了。

 

次の日の朝、LINE株式会社から返信がありました。

 

 

LINEおよび関連サービスをご利用いただきありがとうございます。
LINEカスタマーサポートです。

お問い合わせの件についてご案内いたします。

2段階認証でお困りの場合は、下記ヘルプをご参照ください。
https://help.line.me/line/android/categoryId/50000444/

なお、問題が解決しない場合は調査を行わせていただきますので、お手数ではございますが、以下の項目を《返信用URL》よりご連絡ください。
以下の内容にはすでにお答えいただいた内容も含まれているかと存じますが、その際には何卒ご容赦ください。

◆質問事項◆
1)引き継ぎを希望するアカウントの登録情報
国/国番号:
電話番号:
メールアドレス:
LINE ID:
Display Name:
機種名:
Facebook認証の有無:
アカウントを作成された時期:
プロフィール画像の特徴:
※プロフィール画像をお送りいただければ幸いです。

2)引き継ぎ時に電話番号を入力された場合は、入力した電話番号をお聞かせください
回答:

3)「無効/不正な電話番号です」エラーは表示されますか?
※当てはまるものに◯をご記入ください
( )表示される
( )表示されない

ご案内は以上となります。
今後とも、弊社サービスをよろしくお願いいたします。

《返信用 URL》

お問い合わせ情報は、プライバシーポリシーに従って取り扱います。
また、お問い合わせ情報は、適切なお問い合わせ対応のために必要に応じてLINEグループ各社に共有いたします。
ご同意のうえ、ご送信ください。

▼プライバシーポリシー
http://terms.line.me/line_rules/

────────────────────────
LINE
http://line.me/
────────────────────────

 

 

ヘルプみて解決するなら問い合わせせんわ!と思いつつヘルプを確認、やっぱり解決しないので、「返信用URL」にてこちらの環境や情報を送ることにしました。

 

 

 

約1時間後、返信が届きました。

 

LINEおよび関連サービスをご利用いただきありがとうございます。
LINEカスタマーサポートです。

​お客さまからいただいた情報を元に調査をし、一時的に引き継ぎができるよう対応をさせていただきました。 

お手数ではございますが、端末を再起動していただいた上で再度引き継ぎを行ってください。
※事前にバックアップを行っていない場合は、トーク履歴を引き継ぐことはできません。

なお、今回の処理には有効期限がございますので、本メールを受信してから24時間以内にお試しくださいますようお願いいたします。​

今後とも、弊社サービスをよろしくお願いいたします。

弊社では、お客様からの貴重なご意見をもとにサービスの向上を目指しております。
お手数ではございますが、お客様のご意見・ご感想をお寄せいただけますと幸いです。

《アンケートへ進む URL》


お問い合わせ情報は、プライバシーポリシーに従って取り扱います。
また、お問い合わせ情報は、適切なお問い合わせ対応のために必要に応じてLINEグループ各社に共有いたします。

▼プライバシーポリシー
http://terms.line.me/line_rules/

---------------------------------------
お問い合わせ内容:
◆質問事項◆

---------------------------------------
────────────────────────
LINE
http://line.me/
────────────────────────

 

 

どうやら一時的に制限解除をしてくれた模様。これは有難い!

 

ということでもう一度同じ手順でログインを試してみました。

 

 

 

 

 

電話番号入力後、SMSが届くまでの数秒が1時間にも2時間にも感じました。

 

 

 

 

 

 

 

キターーーーーーーーーーーーーーー!!!

 

 

 

 

送られてきた4桁の数字を入力すると無事に2段階認証完了!!

無事にログインできました!!

 

 

その後、バックアップを取っておいたトーク履歴を復活させて、ログイン完了です。

 

 

 

いやー、長かった。ホントに怖かった。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

結局のところ、最初に2段階認証の4桁の数字が送られてこなかったのは謎のまま。

LINE株式会社の対応後にはすんなり受け取れたのも謎ですよね。

 

 

これって結構困っている人もいる気がします。

僕は2段階認証が始まる前にLINEの引き継ぎのためfacebookとの連携とPINコードの設定をしていたのですが、どっちも役立たずでした。

 

 

PINコードに関しては廃止されています。

 

 

 

言えよ・・・。

 

 

 

 

LINE株式会社さん、対応が早いのは非常に素晴らしいですし、助かりましたが、2段階認証とPINコードに関する情報が全く伝わってないよ!

 

LINEの公式サイトあたりでは告知されていたのでしょうが、伝わらないなら言っていないのと同じですからね。

 

アプリのアップデートに合わせて、それを知らせるポップアップなりを出して、強制的に見せるべきだよ。(それでも見ない人は知らん)

 

そうすれば問い合わせの対応も減るだろうに。

 

 

ということでLINEのログインに関してでした。

 

 

 

この機にLINEが無くなっても大丈夫なように大事なつながりの人に電話番号聞いておこう。

 

 

 

どんなにブログのデザインやSEOが優れていても『熱量』に勝るものはない。

意見

f:id:yutopi60pa:20170308230738j:plain

 

おっぱい大好きユトピ(@yutopi60pa)です。

 

 

おっぱい不足でたまらんのです。誰か僕に清きおっぱいをお願いします。

 

 

 

皆さんは好きなものとかあります?

 

おそらくあるでしょうね。

僕はおっぱいが好きです。

 

 

じゃなくて、特撮やアメコミが好きです。

 

好きが興じてフィギュアのレビューブログを4年ほど運営しています。

 

これはぶっちゃけ赤字だし、記事を書くのもものすごーーーく時間がかかります。

 

 

金稼ぎ目的な人は絶対続かないでしょうね。

めちゃくちゃ大変です。

 

 

しかし僕は始めた最初と変わらない気持ちで運営できています。

赤字でも全然気になりません。(100%ではないけど)

 

それは『熱量』が決定的に違います。

 

 

 

世の中には「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが、これは真理。

好きなものは見返り度外視で、その世界に浸っているだけで満たされていくんです。

 

 

それはもう楽しくてしかたないんですよね。

 

 

僕もフィギュアをいじり倒して、カッコイイ写真を撮るとテンション上がります。

箱から取り出すときとか最高よ。

 

 

要するにブログなんてどんなにデザインやSEOが優れていても、熱量に勝るものなんてないんですよ。

 

 

 

 

熱量のあるブログは直観的にわかる

 

 

最近、同じジャンルで運営しているブログをたまたま見つけました。

デザインや1記事単位の情報量、SEO的にも僕のブログの方が優れています。

 

ですが、熱意が違いました。

毎日更新は当たり前、その分野に関する知識も僕より多いように思います。ツイッターなんかもそのテーマに関するネタを楽しそうにつぶやいていました。

 

 

直観的に「このままでは負ける・・・。」と思いました。

 

 

撮影技術や文章の技術は拙いのに、なんだか非常に楽しそうだったんですよ。

この書いている本人が楽しめているかどうかって、読者に伝わるんです。

 

これが直観的にわかってしまうんですね。

 

 

 

熱のないブログは見向きもされない

 

正直僕はそのジャンルに関してはにわかレベルです。好きなことには変わりないですが、知識量は足りていないと自覚しています。なによりもファン歴が浅いんですよ。

 

 

たぶんこのままでは負ける。

 

 

熱量っていうのは読み手から見て直観的なところでわかるんですよ。

これがあるかないかでは全く違う。

 

熱量のあるブログの方が読みごたえもあるし、ふとした時間に閲覧したくなります。

 

 

逆に熱がこもっていない、愛がこもっていないブログなんて誰にも見向きもされない。長続きもしないですよ。

 

 

アフィリエイト新規参入の人でよくみられるんですが、高額案件だからってその分野に熱量を注げないならやめた方がいいって思います。完全に時間の無駄。

 

これってリアルな仕事でも同じ。熱量があれば勤務態度も効率も全く違ってきますよ。

 

 

デザインやSEOも大切なことですが、あくまでフォローレベル。

軸となるコンテンツの内容がペラッペラで、その分野が好きな人から見たら全く熱がこもっていないのが分かりますよ。

 

くれぐれもこの点を忘れないようにしてもらいたい。特に初心者ブロガーの人にはね。

 

 

マジで好きこそものの上手なれだから。

 

 

まとめ

 

これを読んでいる人の中で、ブログを運営している人はいますか?そしてそのブログに熱がこもっていますか?

 

自信もってYESと答えられない人は今すぐに方向転換するべき。

 

ブログのジャンルが間違っているかもしれないし、もしかしたらあなたの熱意はブログでは表せないものかもしれない。

 

 

しっかりと自己分析して、やるべきことを見極めてください。

 

一応ヒントとしては、これだったら時間もお金もどれでけ犠牲にしても構わない!!

てものがあるかどうかですね。

 

僕はそれだけでブログを今でも運営できていますから。

もしそれがあると思ったなら後は動くのみ。

 

意外と物事は単純なんですよね。

 

 

 

僕も頑張らねばね。

 

おっぱい。