60%ぶろぐはネガティブ系ブロガーのユトピがブログ論、マインドセット、仕事論、下ネタを中心に運営しているブログです。

経団連は人を殺そうとしてる。

どうして経団連なんて組織が存在するのでしょうか?

 

 

www.asahi.com

 

 

人を殺して利益を得ることしか能がない能無し集団の存在意義が本当にわからなくなってきた。

やっぱり抜け道があったよ。

 

 

政府も『働き方改革』で過労死ゼロなんて言っておいて、過労死させる気満々ですからね。

本当にイカれてる。

 

マスコミも森友学園とかで誰も望んでいないアベ叩きを垂れ流している暇があるならこっちを報道しろよ。

 

国民の命がかかってるのに。

 

経団連の昭和脳も、組合の昭和脳も、政府の昭和脳も腐っています。

時間をかけることでしか利益を上げられないと思考停止している。

 

効率化なんて言葉は無いですよ。人を殺して利益を上げるしか考えられない。

こいつらは一体だれのために無駄に集まって、無駄な時間を使って、無駄な取り組みをしているのでしょうかね。

 

 

まぁ、僕がなんといってもこの国は変わりはしないよ。電通の過労死事件で人の命が無くなっても変わらなかったんだもん。

 

今働いている人、これから働く人もどんな仕打ちを受けようと動くこともない。こっちも思考停止しているからね。

どうして人の下で働く以外の選択肢は無いと思い込んでいるのか不思議でならない。

 

自分が死ぬときにしか気づくことはないでしょうね。

 

 

もうさ、日本死んでくれほんと。