読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロクジュッパーブログは人生を60%の力で生き抜くための脱力ブログです

もう副流煙は吸わせないでほしい。喘息患者からみるタバコ規制。

f:id:yutopi60pa:20170421134320p:plain

 

家が狭くて困ってます。引越したい。どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

 

 

 

 タバコ規制が盛り上がっていますねー。

 

www.huffingtonpost.jp

 

なにが厳しすぎるだ。今までが甘かったんだよ。

どうしてここまで抵抗してまで自分の肺を真っ黒にしたいのか理解できない。

 

「吸うとスッキリする」とかいうけど、そのイライラの原因がそもそもニコチン中毒から来ていて、結局はタバコのせいだって気づいていないのかな?

 

 

ということで、今回は一人の喘息患者の立場からこのタバコ規制について書いていこうと思います。

 

 

 

副流煙は自分で避けることはできない唯一の喘息発作原因

 

 

どこかで言ったかもしれないですけど、僕は持病で『喘息』があります。

 

幼い頃は虚弱体質だったのでしょっちゅう体調崩して、それと同時に喘息の発作も起きていました。

 

 

今は良い薬も出たり体力もついたので、めったなことでは発作は起きませんが、ある環境下では高確率で発作が起きます。

 

 

 

それは、「真冬の運動」「タバコの煙」です。

 

 

真冬の運動は、冷たい空気を吸い込むと気管支に刺激を与え、僕の場合「運動誘発喘息」なので、運動をすると発作が起きやすくなります。

 

この場合はその状況下での運動を避ければ済む話です。

なので僕は1年中プールでの運動をするようにしています。(湿気のある状況では発作が起きづらいため)

 

 

しかしタバコは違います。

もちろん僕は喫煙者ではないし、曽祖父さんが喘息+喫煙者に加えて肺がんで亡くなっているので、今後も絶対吸うことはないです。

 

ですが残念ながらタバコは吸いたくなくても、副流煙によって吸ってしまうということがありますよね。

これはいくら避けても喫煙者に出くわしたらどうしようもないです。

 

居酒屋なんて地獄ですよね。

 

喘息患者以外の人には理解が難しいかもしれないですが、少しの煙でも気管支の刺激になり、発作が起きます。

 

 

喘息という病気は、最もタバコと密接に関係した病気の一つなんです。

タバコの煙で苦しんだ経験のある喘息患者は決して少ない数ではないと思いますよ。

 

 

 

喘息は死ぬほど苦しい。薬で止めればいいってもんじゃない。

 

喘息はとんでもなく苦しいんです。

 

 

例えると、100mを全速力走ったあとにストローをくわえ、そのストローから呼吸をするようなものです。

もちろん息切れした状態でですよ。

 

それが一晩、一日中続くことが想像できますか?

死ぬことだってあるんですよ。

 

 

僕は喘息のトラウマから息苦しい状況は本能的に避けるようになっています。

マスクをすることすらいやなんですよ。

 

 

 

中には発作が出たら薬で処方すればいいと思う人もいるでしょうね。

 

確かに即効性のある吸引薬もあります。

携帯型の薬もありますので、もしもの時はその薬を吸えば楽になります。

 

 

ですが、この薬は心臓に負担がかかるんですよ。吸引後は鼓動が速くなるし、手に微妙な震えも起きます。

使い続けるのは確実に体に良くないですよ。

 

 

だからよっぽど辛くないと僕はその薬を使わないようにしています。

おそらく喘息とは一生付き合っていくんでしょうね。

 

 

 

タバコ規制は決して感情論ではない。命に関わるんだ。

 

 

喫煙者は喘息の辛さ、わかります?

路上で平気でタバコをすかしている人は本気で腹が立つ。

 

 

僕は今すぐにでも飲食店全店禁煙化してもらいたいと強く願っています。

 

臭いもそうですが、喘息持ちの人からしたら命にかかわるんですよ。

僕みたいに大人ならまだいいですが、子供はもっと辛いはずです。

 

 

 

タバコ規制に関してツイッターではこのような意見がありました。

 

 

 

 

 

自分に興味ないから規制しろなんて言ってないですよ。

喫煙者以外にも実害が出てる。僕もその一人ですよ。

 

 

僕は感情論になってしまっていますが、タバコを規制するための十分な客観的な根拠はそろっていますよ。

だったら規制して当然。

 

 

少数派の嗜好品のために、関係ない多数派が健康を害しなければいけないの?これについて喫煙者側はどう答えるの?

僕はそんな自分勝手な人のために喘息の発作で苦しみたくないです。

 

 

アニメ・漫画の規制論とはわけが違うんですよ。感情論だけでタバコの規制案が出ていると思いますか?

 

 

喫煙者の少数派優遇論は通じない。なにが人種差別だ。吸う権利を主張するなら、こっちも綺麗な空気を吸う権利がある。

 

少数派の喫煙者を優遇するならば、さらに少数派である喘息患者の健康も優遇されるべきですよ。

 

 

僕は飲食店の禁煙化をすぐにでも実行してもらいたい。

足並みそろえれば売上が落ちるなんてことないはずですよ。8割は非喫煙者なんですし。

 

 

 

加えてこういう無意味な分煙も辞めてもらいたい。

 

 

f:id:yutopi60pa:20170213172624j:plain

 

 

見ればわかると思いますが、こんな衝立つけただけで分煙なんて笑わせてくれます。

この横を通る非喫煙者は副流煙を吸います。僕もこの写真を撮る際に口は押えていましたが、煙を吸っています。

 

こういう場所もすぐにでも失くしてもらいたい。

ちなみに写真は港区の浜松町駅前のものです。東京タワーもあり、海外からの観光客も来ます。

いい日本の恥さらしですよ

 

 

 

まとめ

 

ということで一、喘息患者からのタバコ規制に関しての意見でした。

自民党の喫煙者議員たちは国民の健康を害してまで反対しているようですが、なんとかこの法案が通ることを切に願っています。

 

 

そんなに吸いたいのなら自分が出した副流煙まで全部吸いやがれ。ヘルメットして吸ってくれ。

 

 

 

ほんと、厚労省ガンバレ。