読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロクジュッパーブログは人生を60%の力で生き抜くための脱力ブログです

『共感』も『反感』も得れない記事は一生読まれない。

f:id:yutopi60pa:20170207234606j:plain

 

やぁ。ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

 

最近マクロスΔに登場する「ワルキューレ」というグループの『ワルキューレがとまらない』という曲がたまらない。

 

ワルキューレがとまらないんだよね。リピートがとまらないんだよ。

 

つべこべ言わず気になった人は聞いてみてよ。

 

 

 

 

ということで今回はブログの書き方について。

 

 

ブログって拡散されたりする主な理由って何か知ってます?

 

 

それは読者の感情を動かすこと。

 

もっと具体的に言うと、「共感」か「反感」をかうことです。

 

 

 

まず共感の場合は、

 

 

「あ、すごく良い事言ってるなー。みんなに教えたろ!」

「めっちゃ役に立つ!素晴らしい記事や!」

 

 

だったりと記事を読んでポジティブな感情が働いた時に拡散されるパターン。

 

 

 

反感の場合は、

 

「なんやコイツ!!めっちゃ腹立つわ!みんなで叩いてやろうぜ!」

「コイツの言ってる事どうかしてるわ。みんなどう思う?」

 

 

みたいなネガティヴな感情が動いた時に拡散しれるパターンやね。

 

 

これを意識してブログを書くと格段に拡散されやすさが上がるんだよね。

 

 

でもこれってほんとに難しいんだよ。

 

 

 

炎上は共感に比べたら簡単。

 

 

よく見るのは大体が反感のパターン。

要するに炎上

 

キンコン西野さんや、東京で消耗するのを嫌がる人とかね。

 

肯定意見もあるけど、大体が否定的な意見が目立ってます。

 

 

でもなるべくなら炎上はしたくないもの。

あえて炎上を起こすパターンもあるけど、あまり良い印象を与えない。

 

真っ当な意見を言った上での炎上は仕方ないけど、どう考えてもおかしいだろっていうのはやっぱりダメ。

 

 

 

この炎上ですが、起こすのは結構簡単。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニおでんを指でツンツンすれば炎上します。

 

 

 

 

 

 

嘘です。犯罪はやめよう。

 

 

 

 

炎上は反社会的なことを言って、上から目線で、煽ると反感をかって拡散されていきます。

 

大体の炎上はこのパターンだよ。

煽るだけのパターンもある。イケハヤさんはこのパティーンかな。

 

 

 

キンコン西野さんもお金を否定して絵本を無料公開するという今の社会では反社会的な感じに取られることをやって炎上しましたね。

(個人的には面白いからアリだとは思うけど)

 

 

このように基本的に読者の反感をかうのは共感を得るより簡単なんですよ。

 

 

 

それじゃ共感はどうするのか?

 

 

 

 

共感を得るには経験談が1番

 

それでは共感のパターン。

これは正直言うと僕も意図的に起こして拡散されるのは難しいです。(一度も経験無いしね)

 

 

ただお役立ち記事を書けば良いと言うものでもないんですよね。

読者にとって役立つだけでも充分ですけど、ここから拡散っていうのは難しい。

 

 

 

「東京のコンセントがあるカフェまとめ!」

 

 

とかは確かに役に立つけど、拡散はされない。

ひっそりと自分のお気に入りに入れられたりするのがオチ。

 

 

 

ならどうすれば共感を得ることができるのか?

 

 

それは経験談を語るのが1番です。

 

 

リアルに経験したことを記事として書いた方が共感を得やすいんですよ。

 

 

人間は文章を読むとき、その内容がストーリー調だと自然と自分を投射して読んでいくきます。

そうするとあなたの経験談がまるで読者も同じ経験を味わってる感覚になるんですね。

これはまさに共感です。

 

 

逆にwikipedia読んで共感しちゃう人はいないよね。

いたらだいぶ特殊な人です。wiki読んで泣いてる人いたら面白すぎるよ。

 

 

 

とういうことで経験に基づく記事を書いていけばいいのですが、まずはその経験を積まないとなにも始まらない。

 

 

だから共感を得る記事って作るのが大変なんです。特に目的に記事が先にきて、あとから経験を積んで、書いていくとなると時間がかかります。

 

 

 

だから過去のエピソードを掘り起こすんです。

 

なにも特殊な必要はないのです。ちょっと身近なことの方が共感を得やすいですからね。

 

 

 

僕の場合は就活時代のことをよく書いています。

 

 

www.yutopi-60pablog.com

 

www.yutopi-60pablog.com

 

 

これは結構反応がよくて、まさに共感を得られていますね。

 

 

このように読者から共感を得るにはまず自分が経験しなければならない。

経験談ほどリアルなものはないですからね。

 

 

逆に炎上を起こす反感は経験を積まなくても、すこし偉そうなことを書けばいいんです。共感よりはお手軽。でもリスクも大きい。

 

 

なので、やっぱり共感を得られるような記事を書いていった方がのちのち自分のためにもなりますよ。

 

 

とりあえず真面目にやっていきましょう。

 

 

まとめ

 

ということでブログの読者の感情を動かせよの記事でした。

 

なかなか僕もまだそれをマスターできていないので、先輩ブロガーの記事を読みながら勉強していこうかなと思います。

 

 

まんまと共感したり、反感したらやられたなって思っちゃいますよ。

 

 

ここをとにかく勉強して自分のブログに活かしていきましょうぜ!