読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロクジュッパーブログは人生を60%の力で生き抜くための脱力ブログです

7割以上の老人が『チャレンジしなかったこと』を後悔・・・。人生を後悔しないために大切なこと8個

意見

901783186c2962bb8509001cd301cf2a_s

  70歳以上の高齢者に対して行ったアメリカのあるアンケートに関する記事が目に入りました。  

  その質問というのは、      

「人生で最も後悔していること」は何ですか?

     

というもの。(アンケートが具体的などのようなものかの情報が無かったですが。)   答えで一番多かったのが、      

 

『チャレンジしなかったこと』

 

     

▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああああ   すごい重みのある回答。

 

本当に後悔しているんだなー。 20代後半の僕でもいくつかチャレンジしなかったことで後悔していることが多いですが、70歳以上になる本当に重い。    

 

そのあとにこのブログ記事の筆者は『人が人生を終える時に後悔する20の項目』というのを挙げていました。 どれも非常に大事なことでしたね。

 

その中から僕が特に身に沁みたものをメモ代わりにピックアップしていきます。    

 

 

他人がどう思うか気にしなければ良かった

d010b46c85c262c0bd541cbf7cb32fef_s

まずこれね。 正直他人が自分のことどう思うかなんてどうだっていいんだよね。     頭ではわかってるんだけど、難しいのよ。 結構コミュ障だから他人の反応にすごく敏感。ビクン

 

でも気を使ってまで他人の評価得てもそれはなにも役に立たないよね。

 

自分の本心を少しでも出したら失われてしまうほど脆いものですし。息苦しいですよそんなの。     自分の思うとおりに生きたほうがよっぽどマシなんだなと感じる。  

 

大事なのは、 『あなたが』どうしたいか 『あなたが』何をしたいのか 『あなたが』どんな人生を生きたいか

   

 

まさにその通りです。 この人生は僕の人生ですから好き勝手やっていきましょ。

くよくよと悩まなければよかった

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

あー本当に耳が痛い。

 

いつも強がってるけど、実はかなりの小心者だからいつまでもくよくよ悩んでしまう・・・。   数年前の失敗とかたまに思い出してめっちゃ落ちるときありますよ。 大学のプレゼンで、パワポのスライドの順番をめちゃくちゃにして台無しにしたこととか・・・。最悪やorz  

 

でもこのブログの筆者はこんなこと言っています。    

 

「”何故”、上手くいかなかったんだ?」 「”どうして”上手くいかなかったんだ?」 などと原因追求に多くの時間をかけるのではなく、 「”どうしたら”次は上手くいくだろう?」 と実際に現実世界を変えるための建設的な解決策を 出す問いかけをしていってください。 時間は命です。

 

いいこと言いますね。 昔の失敗をくよくよ考えても時間の無駄なんですよ。

 

反省が終わったなら、もうそのことは忘れて未来のことを考えた方が時間を有効的に使えるもんね。

 

 

あんなに不安を抱えながら生きるべきではなかった

0416f5007c26cbcff3592f3cd822360b_s

 

どうして人ってどうしようもないことに対して不安になってしまうんでしょうか? 常にマイナスなほうに考えてしまいますよね。    

 

確かに失敗は怖いけど、成功するかどうかなんて極論、5分5分なんですよ。 成功する確率も同じだけあるなら、もっとポジティブに頭を切り替えたほうがいいですね。

 

それに失敗したからといって死ぬわけでもないし。  

 

ですが人が抱く不安や恐怖はほとんどと言って いいほど現実世界には具現化しません。 おばけと一緒です。 であるならば、 不安になっているだけ時間の無駄です。

   

不安はお化けと一緒ね。 これは名言。   お化けは信じてますが、不安は信じません!

もっと思い切って冒険すればよかった

e01a9a48d4dcfa02b6eff882694cbdbd_s

 

海賊王に、俺はなる!!   冒険ですよ冒険。 なんでチャレンジしなかったんだろうなー。   中高時代もっと部活に打ち込んでおけばよかった。帰宅部最悪ですわ。

 

なにも怖いことないし、やった後悔よりもやらなかった後悔のほうがマジで大きい。 これも頭の中ではわかってても、体験しないと実感できないことの一つですわ。

 

 

世の中の9割が 「こんなはずの人生じゃなかった」 と言って死んでいきます。 であればあなたには、 「こんなはずの人生だった」 と言って笑って天国に行って欲しいと 本気で思っていきます。 人生はたったの一度きり、 もっとダイナミックに挑戦、 進化をしていきましょう。

少年漫画でも読んで冒険心を見習うべきかもですね!!

他人の言う事よりも自分の直感を信じればよかった

d084b5df00f151165b7dce042e896a35_s

ああああ!!他の人の意見気になる!! 自分はあっちがやりたいけど、あの人が言ってるからこっちをやる、みんながこっちをやってるから自分もそれに従う。

 

ホントにこれほどバカらしいことはなかった。 僕の場合は就活。

前に就活なんてやらなければよかったという記事を書きましたが、僕はみんなに流されるまま就活をやっていました。本心はやりたくなんかなかったし、嘘つき合戦の就活に嫌気がさしていた。なのに仕方なく就活をやっていました。  

 

そして興味の無いバス会社に就職して2か月で辞めるというね。   今は自分の直感を信じてWEBデザイナーをやって満足しています。 最初から自分を信じていればよかったですよ。

 

他人がとやかく言ってきたら、その人物が あなたが欲しい結果や願望を既に達成 している人物かを見極めてください。 もしそうでないならば、その人の意見を聞けば 聞くほどその人物と同じ人生になってしまいます。 あなたの意志で決断をし、どんどんと 新しい挑戦をしていってください。

   

自分の人生を他人に合わせて決めるなんてもううんざりです。

もっと自分の情熱に従うべきだった

6a869fdf43dc529f6dfcd04b95dadc1f_s

情熱!パッション!!   情熱って凄まじい原動力なんですよね。 それを現状維持をしたいがために無視して、自分のやりたいことをしないまま生涯を終わるなんてもったいなすぎる。  

 

これがやりてぇんだ!!って気持ちが大事だし、情熱を注げることに出会えたらおのずとそれは自分の生き抜くための武器になっていくんでしよね。

 

そっと右手を胸に当てて目をつぶり、 あなたの心の声を聞いてください。 あなたの心の声は、 一体どんな人生を送りたいと 言っていますか?

   

 

(お金持ちになりたい。自由になりたい。美人と結婚したい。ファミチキください)

 

 

もっと自分のために頑張ればよかった

7cf384f1dbe814dc62a35fd46af936d7_s

 

よくサラリーマンというのは他人のためにお金を稼いで、そのおこぼれをもらうみたいな揶揄をされることありますけど、間違ってないんですよね。

サラリーマンというのは他人が作ったビジネスで、他人のために仕事をしてお金を稼ぐんです。

 

あーもったいない。もっと自分のために生きていくべきなんですよ! 自分に正直になって、自分のために働いて、自分のためにお金稼いでいこうぜ!

あなたが満たされれば、自然の結果として 周りの人も満たされていきます。 あなたの人生を良くするために 自分の欲に素直になって 全力で努力をしてください。

以前に人生のやりたいことリスト100なんて記事を作りましたが、こうやって欲を明確にして目標を作るのもいいかもしれないね。 自分の欲にしっかりと目を向けてみましょう。  

 

 

もっと目標を達成すればよかった

3a602a83475bc96a865c27992701ceb1_s

 

これはこれからの課題でもありますね。 過去にも多々目標を立てて、達成したり挫折したりしてきましたが、これからは達成するまで諦めないようにします。  

 

とにかく自分を信じて継続してやっていくことが大事ですね。

目標を設定しそれに向かって前進していく事は とても素晴らしい事です。 何故なら、新しい目標を設定する事で初めて 問題が生まれるからです。 そしてその問題に果敢に挑戦していく事で 人として成長し、進化する事ができるからです。 あなたにとっての目標は、一体何ですか?

人間が進化するためにはアメじゃなくて目標が必要なんですよ!!

まとめ

  これ以外にも『人が人生を終える時に後悔する20の項目』にはためになることがたくさん書いてありましたので、ぜひとも一度は目を通してみてください。

  こういったことは本当は頭の中では理解しているんですよ。 でもいろいろなことに対して不安や恐怖を抱いてなにもできなくなっちゃうんです。  

 

この壁を超えるのは本当に大変なこと。 最初の一歩が一番難しいくて、一番大事なんです。

 

さんざん偉そうなこと言いましたが、自分自信もできていないことがたくさんありますよ。 とりあえずやってみるしかないですね。

 

 

おじいちゃんおばあちゃんになっても、生きてきた人生に誇りを持てるようしましょうぜ。