読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロクジュッパーブログは人生を60%の力で生き抜くための脱力ブログです

1,800円の価値も無い邦画に未来は無い。

意見

ID-10053561

なんだか最近ある記事をきっかけに邦画に関していろいろな論争が巻き起こっていますね。

僕も映画は好きでよくひょいっと映画館に出向くのですが、見るのは洋画の方が多い。 邦画もひと昔前はよく見ていたのですが、本当に邦画はつまらない作品が増えたね。1,800円払ってまで見る価値無い作品が多すぎる。レンタルでも簡便です。

もちろん良い邦画というのもたくさんあるのですが、このままだと 日本映画界は本当にヤバイですよ。    

キャスティングに利権が絡み過ぎてキモイ

116b9fd9-s

邦画のキャスティングに関しては、大手事務所の利権が絡み過ぎて俳優を人気や、実力など関係なくねじ込むのが本当にキモイ。自ら首絞めていることがわからないのかな。

結局ねじ込みキャスティングによって、いつも同じ顔触れの俳優ばかりで変わり映えしないんだよなー。オーディションとかもしているんだろうけどもはや形式化してる気がするわ。

最近の例だと、山崎賢人さん。若い人に人気があるのか実態は知らないが、いくらなんでも漫画実写映画にねじ込み過ぎ。しかも主演というね。 山崎賢人さんに罪はないけど、マーケティング担当している人は頭大丈夫なのですか?   嫌になるど露出を増やすやり方もありますが、それで今生き残ってるタレントいるんですかね。結局は流行に終わって長期的に見ると意味がない。

それでも周りに流されやすい日本人はそんな金の臭いしかしない映画をほいほい鑑賞して、大手事務所の肥やしになっていくんだよね。

雑なクオリティー

maxresdefault出典:http://www.shingeki-seyo.com/

皆さんは進撃の巨人は見ましたか? 漫画、アニメと人気を博し、実写映画も豪華キャスト(笑)や軍艦島での撮影、巨人の特殊メイクなど公開前から話題になっていましたが、結果は酷評酷評アンド酷評です。

僕も見ましたが、あそこまでのクソ映画は久しぶりに見ました。前後編でしたが、後編は鑑賞しませんでしたよ。

だってCGが雑、特撮技術も中途半端。よくあれで公開できたなってレベル。 正直金出して、海外からプロのクリエイター呼んだ方が100倍マシ。

ハリウッドの真似事レベルに終わってて非常に中途半端。 この低クオリティー映画が日本の映画なんて本当に恥。作るならちゃんと作ってほしい。

アニメ・漫画後追いの邦画

e9994764出典:http://livedoor.blogimg.jp/hatima/imgs/e/9/e9994764.jpg

これは邦画だけに言えることではないけど、最近はアニメ・漫画の後追いなんて揶揄されてます。

まさにその通りで、アニメや漫画がヒットしたと思うとすぐに実写化。もともとそこまでプロジェクトに入っていた可能性もあるけどさすがにその流れは飽きた。

この後追いに関してはまだ許せたとしても、利権絡みのキャスティングや雑なクオリティーですからね。実写化失敗の確率ってかなり高いですよね。 イメージ通り、原作通りにやりつつ、実写の良さを盛り込めばいいのに、結局逃げに走るのが残念でならない。アニメの後追いというよりは、ネタだけ強盗して別の方向(原作レイプ)に逃げているだけに見える。

しっかりと原作のコンセプトやイメージを再現できているなら後追いでも面白い映画を作ることができるのに。

プロとしてどうなのよ

出典:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/572/84/N000/000/000/kurosawa500akira1.jpg

そういえば業界関係者の福田裕彦氏産経ニュースのアダム・トレル氏の日本映画への苦言に対してよくわからない批判をしていたけど、言い訳がましくて本当にプロなのかと目を疑うレベルでした。 プロとして関わっているなら言い訳せずに認めてほしいかった。味噌汁とか知らねーよって話ですよ。

お金貰ってやってるからこそ面白いと思われるような作品を全力で作るのがプロでしょ。 それができないならやめろって言われるのがプロの世界。

邦画関係者がこのレベルならもう邦画は見ない方がいい。 海外の映画どころかドラマ見てた方がよっぽど有効的。

ここまで僕が映画を見ながら沸々と感じていた不満を語ってきました。土俵は違えど、おなじクリエイターとして頑張ってもらいたい気持ちはありますよ。 だからこそこの邦画低クオリティー論争を見て、今の日本映画界がどれだけ危機に瀕しているのか、業界の方や本気で良い作品を作ろうとしている監督をはじめとしたスタッフ陣、俳優陣に伝わって貰えればと切に願っています。