60%ぶろぐはネガティブ系ブロガーのユトピがブログ論、マインドセット、仕事論、下ネタを中心に運営しているブログです。

新卒2か月で辞めたけど、めちゃくちゃ正解だった。我慢しないでやりたいことをやろう。

f:id:yutopi60pa:20161228155243j:plain

 

やぁ、ユトピ(https://twitter.com/yutopi60pa)だよ。はてブに移転して初投稿です。 

 

 

いやーまさかはてブの独自ドメインがサブドメインしか使えないなんて調査不足でした。しかも「www」を独自ドメインにつけた形というね。

 

Wordpressでは『60pablog.com』というドメインでしたが、はてブでは『www.yutopi-60pablog.com』という個人的には好きじゃない長いドメインになりました。

 

理由については以前のドメインに「www」を付けると混線していまうということなのですが、詳しいことは後々技術メモとして書いていこうと思います。

 

(前のドメインにそこまでパワーが無くて良かった・・・。)

 

 

ということで今回は過去を振り返りつつ、いま就活をしている人や新卒で嫌々働いている人に向けた記事です。

 

辛いことに耐えながら働いていたり、自分のやりたいことに目を向けないで就活している人に読んでもらいたいです。

 

 

新卒2か月で退職しました。

 

2014年、無事に大学を卒業した僕は新卒で「バス会社」に総合職として就職しました。

必死に就活をして掴み取った内定であり、路線バスという特殊な業種なためある程度安定した会社でした。

もちろん親も喜んでくれましたし、僕も嬉しかったです。

 

しかし就職する3月が近づくにつれてだんだんと不安感が募ってきました。

これは世間でいう「内定ブルー」ってやつ。

 

でもそんな簡単なもので済めばよかったのですが、実際に就職してからもこの憂鬱感は全く抜けきれない。

 

常に下を向いて会社への向かっていた記憶があります。

 

そしてとうとう限界が来ました。

ある日同じように電車に乗っていると、ふとしたことから降りるはずの駅を乗り過ごしてしまいました。

 

普通ならすぐに次の駅で降りて引き返すのですが、なぜか脚に力が入らなかった。

そのまま電車に乗り続け、大体5駅ぐらい進んだところでやっと下車。

 

見知らぬ駅のベンチに座ってしばらくぼーっとしていました。

 

そして当たり前ですが、出勤時間を過ぎても出社してこない僕を心配して会社から電話が。

 

かけてきてくれたのは僕の教育係の女性社員と、一番年が近い先輩社員でした。

二人とも非常に親切な方だったんですが、僕はとっさに体調不良と嘘をつきその日は休みました。

 

その日からパタリと出勤できなくなりました。ほとんど部屋に閉じこもってずっとネットサーフィンをしてましたね。

 

その間も会社は僕を心配して様子を伺いに連絡をくれるのですが、3日経ったあたりから直接話すこともできなくなりました。

 

そんな調子が続いたのでメンタルクリニックに向かい、自分がどうなってしまったのかを診てもらいました。

結果は「自律神経失調症」。原因はストレス。

僕は昔からストレスには弱いタイプの性格でしたので、仕事と環境の急激な変化によるストレスと耐えきれなくなりました。

 

それが初出社してから約1か月のことでした。

 

そこから更に1か月ほど会社に籍を置きながら、自宅療養を続けてきましたが、結局は退職。

 

結果的に僕は新卒で入った会社を2か月で退職しました。働いたのはその半分なので実質は1か月ほどですね。

 

 

入社前から落ち込み気味だった

 

ここまで見ると入社してからすぐにヘタってしまったように見えますが、先ほども言った通り僕は入社前から内定ブルーに陥っていました。

 

その精神状態が入社後に一気に悪化たんですねー。

正直半年以上は落ち込み気味でした。せっかくの卒業式でさえ悶々としていましたし。

 

結局行きたくもない会社の内定をもらっても全くもって嬉しくないんですよ。

 

本来ならば次の新生活に向けてウキウキするはずなのに、まるで死刑をまつ囚人のようにそのXデーを迎えてましたよ。

 

こんなのが健全なはずないよね。

 

 

(あ、フォローとしてそのバス会社が決して悪いとかそういうことではないです。ブラックとかいうわけでもなく、本当に素晴らしい会社でした。

ただ僕には合わなかっただけです。)

 

 

やりたい仕事ができなかった

 

僕は新卒で入った会社を自律神経失調症で2か月あまりで退職しました。

 

結局理由としては『やりたいことができなかった』ことですね。

僕は大学時代WEBデザインを勉強してきましたので、仕事ではそれを活かしたことがしたかっとどこかで思っていたんですね。

 

それを就活の時に抑え込んで、とにかく「安定」を重視したためにバス会社に就職してしまいました。

入社前から自分のやりたいことはできないだろうとはわかっていたけど、そんな気持ちを蔑ろにしていたんですね。

 

奇しくもその大事さを入社してから気づいたわけですよ。

 

だって入社後は営業所に配属され、そこから最低10年は戻ってこれないとかカオスですよ。

若い時期は1年でも1日でも非常に大切な時間なのに、10年もそんなところに島流し状態なんて脳みそ腐ってしまうと直感で感じましたね。

 

僕にはそういった下積み的なキャリアパスになにも未来を描けなかったです。これも理由の一つですね。

 

年取る前に早いところ退職して、次につなげたほうが人生のためになりますよ。

 

その前に精神病んじゃいましたが。

今は健康体ですよ!

 

 

今は好きなことができている

 

2014年5月にバス会社を退職した後は、すぐに貯金も底をつき、実家住みとはいえ病院にも行けないぐらい貧乏になりました。

 

といっても最初の2か月ぐらいで、あとは半年ぐらい派遣でつないできました。

そして現在はやりたかったWEBデザイナーができています。

 

就活の時からWEBデザイナーを目指していたらもっと早くやりたいことができていましたよね。

だいぶ遠回りしてしまいましたが、これも良い経験だったと今は思います。

こうやってネタになるしね。

 

就活で自分のやりたいことより、安定とか高収入を優先している人は本気で気を付けてください。

それは働く上でのモチベーションになりませんよ。中には稼ぎまくるのが好きって人もいるでしょうが、大体の人はお金で人生が充実することはないんです。

 

人間はやりたいことをやってる時が一番活き活きするんです。それを忘れないでほしいですね。

 

お金なんて後からついてきます。好きなことならスキルだって実績だってどんどんついていくんですからね。

 

 

3年以内に辞めても全然OK

 

世間一般では理由はどうあれ、新卒3年以内に会社を辞める人間はクズみたいな風潮があるよね。

僕も周りからみたら根性無しでわがままな人間だって思われるでしょう。

 

でもだからどうした。

 

僕は実際に2か月で辞めていますが、こうやって働いてますし、以前よりもだいぶ健康的に生活しています。もちろん精神的にもね。

 

結局無駄な我慢なんてする必要ないんですよ。

 

3年間嫌なことに耐えたからってなんになるの?

 

耐性がついてまた次の嫌なことを耐えることができるの?

ほんっとバカらしい。完全に奴隷への英才教育ですよ。

 

3年以内に辞めたってお金を稼ぐことはできますし、やりたいことをしていけばもっと稼げるようにすることだってできるんです。

 

だったら我慢する必要は無い。

 

辛いなら僕みたいにさっさと辞めちゃいましょ。

 

最初は不安感で押しつぶされそうになることもあるでしょう。

でも好きなことへ時間を使える素晴らしさを知ってもらいたいです。

 

そうすれば自然と不安な気持ちも薄れていきますし、その不安も実は大したことがないっていうことにも気づくはずです。

 

辛くて仕方ない人はどうぞ辞めちゃってください。

もしどうしても踏み出せない人がいたら僕に相談しちゃってくださいな。

 

多少のアドバイスぐらいは全然しますよ。もちろん無料なのでご心配なく!