読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロクジュッパーブログは人生を60%の力で生き抜くための脱力ブログです

コワすぎ!!ある記事に騙されて『貞子VS伽椰子』を観に行った結果

映画レビュー

bg出典:http://sadakovskayako.jp/

 

先日公開されて話題を呼んでいるJホラーの二大モンスターによるVS映画『貞子VS伽椰子』。  

 

正直かなり気になっていました。   このタイトルからわかるぶっ飛び感。

「バットマンvsスーパーマン」「シビルウォー/キャプテンアメリカ」のキャプテンVSアイアンマンに続く2016年Vsシリーズ第3弾(???)ですよ。    

 

たた残念なことに僕はホラー映画がめちゃくちゃ苦手。  

 

今回の記事を書く上で映画関連の画像が非常に少ないことに気づくと思いますが、それは画像を見るのが怖いからです。だから画像貼れないんです。それぐらいホラーが苦手なんです。    

 

でもある時こんな記事を読みました。

 

news.biglobe.ne.jp

”ホラー映画大嫌い”な人こそ見るべきと書いてあるじゃないですか!!!   さらーっと読んだ感じやっぱり面白そう。  

 

なので見に行っちゃいました。    

 

 

その結果、

       

めちゃくちゃ怖いじゃんか!!!(;_:)(;_:)(;_:)(;_:)

 

 

貞子のトラウマ

77a37b69-s出典:http://www.bandai.co.jp/

小学生の頃、僕は初めて「リング」をテレビで見て貞子に本気で怖がり、1週間後に呪い殺されるんじゃないかと本気で信じちゃってました。(てか未だに変わってないかも)

 

そのおかげで貞子に対するトラウマが今でもがっつりと植え付けられています。 ここ最近の貞子のおふざけみてもやっぱりこわいんですよ。ほんとに無理。    

 

加えて今作は貞子だけでもやばいのに、「呪怨」の伽椰子もいるんですよ!?俊雄くんも!!

 

ぶっちゃけ「呪怨」の方は見たことないです。パッケージでもうアウトでしたので。 でもWikiや伝え聞いた感想からストーリーと伽椰子・俊雄コンビの能力は把握していました。  

 

 

そんな状態で僕は映画館に足を運びました。  

 

 

全部怖い

49f2c25e4097ec9ce7904e78918255aa_s

ちなみに映画館でのホラー映画は初体験でした。僕の初体験は貞子と伽椰子です。(呪われそう・・・)

 

結果的に大スクリーンの恐怖に負けて、ほとんど手で顔を覆って、指の隙間から見ている状態でしたww まじで女の子みたい。

 

 

先ほどのトラウマを克服する意味でも今回の「貞子VS伽椰子」を鑑賞したわけなのですが、貞子のターンが怖すぎる。 じわりじわりと精神的に追い詰めて死に至らしめる。恐怖そのものです。  

 

ストーリー構成も「リング」「呪怨」を交互に見せられて、ラストにバトルという感じでほとんど休む暇がないんですよ。

 

「貞子パート終わった!」と思ったらこんどは伽椰子と俊雄の無双が始まるんです。むごい殺し方ばかりしてもう半泣き状態。ガチで後悔しました。

これぞクロスオーバー

出典:http://sadakovskayako.jp/

でもなんだかんだバトルシーンは燃えた。

 

 クライマックスまで焦らしに焦らして、やっと対峙する貞子伽椰子

 

この展開はバットマンとスーパーマンと同じですよ。   互いに自分のフィールドに引き込んで戦うシーンはクロスオーバーならではの醍醐味です。

 

どちらの特徴も損なわずに見事にクロスさせてたのは流石でしたね。

  結末は笑っちゃいましたが。   そしてエンドロール後はやっぱり「例の映像」流してきやがりました。

 

それは見てのお楽しみということにしましょう。もちろん僕は手で覆ていたので見てないでがねニッコリ  

 

 

やっぱり怖い。だけど観る価値あり。

gahag-0054438938-1

なにはともあれ約2時間の恐怖タイムを乗り切ることができました。 映画館でホラー映画ってこんなに疲れるんですね・・・。鑑賞後はもう脱力しっぱなしでした。  

 

 

映画の評価としては、ホラー映画としては非常に楽しめる作品だったと思います。「リング」の這い寄るような恐怖「呪怨」の理不尽な恐怖、両作品の特徴をうまいことミックスさせていました。  

 

また今作の白石晃士監督の作品「コワすぎシリーズ」も以前視聴したことがあり、監督の一ファンとしても楽しむことができましたね。 オチはまさに白石監督らしいオチといえるでしょう。  

 

『貞子VS伽椰子』は確かに怖いです。ホラーが苦手な人は特に。しばらく伽椰子の顔が忘れられず、まともに寝付けないぐらいには記憶に残ります。

 

しかしエンタメ映画としては非常に楽しめ、勇気を出して映画館に足を運んだ価値はありました

 

ホラー映画ととるかSF映画ととるかは人それぞれですが、とにかく観てください!それに尽きます。

もうそろそろ劇場での公開は終了してしまうと思いますので、DVDがリリースされた際はぜひとも鑑賞をオススメします。  

そしてこの二大モンスターの恐怖に絶望しちゃってください。(僕は二度と御免ですが)   あ、でも「貞子VS伽椰子2」なんてやったらまた見ちゃうかも。

 

最初に紹介した記事にもあった通り、「あいつ」を倒せるやつが現れればいいのですが・・・。

   

 

 

そういえば主演の玉城ティナちゃんめちゃくちゃかわいかったなー。